アミノ酸系シャンプーでおすすめなのは?

アミノ酸系シャンプーは近年に発売され人気を集めるようになったのですが、どのような特徴があるシャンプーなのでしょうか。

 

まず一般的なシャンプーの場合は洗浄成分として界面活性剤を配合することが多くあり、この点はアミノ酸系とはもっとも大きな違いになります。
この界面活性剤とは油分と水分を混ざり合わせる性質があるもので、通常は混ざることがない水と油をなじませることで油汚れを落とすのに適しています。
シャンプー以外にも食器用洗剤に多く含まれており、皿やコップなどを洗った際には油汚れがすっかりとれてキュキュッとした感触を得ることができます。
ただこうした食器用洗剤に含まれる成分がシャンプーに含まれると聞くと身体への影響が気になるもので、この手のシャンプーの中には洗浄力が強すぎることから汚れだけでなく本来必要な成分まで洗い流されることもあり、髪ががさつき傷んでしまうケースもあります。

 

もちろんすべての界面活性剤が配合されたシャンプーに問題があるわけではなく、どの程度の洗浄力があるかまたどのような種類の活性剤が配合されているかにより安全性は大きく変わることになるのですが、私たち消費者から見たときにどのような製品であれば安全であるかは容易に見分けることができません。
また頭皮が荒れていたり肌が弱い方の場合はさらに慎重に見分ける必要があるのですが、そうした時には洗浄成分としてアミノ酸が配合されているアミノ酸系シャンプーを選択すると良いでしょう。

 

このアミノ酸系シャンプーに配合されているアミノ酸は私たちの体を構成するたんぱく質の成分で、アミノ酸にはグリシン・メチルアラニン・グルタミン酸などをはじめとするいくつかの成分が存在します。
一見すると化学薬品のような名称にも見えますが、たんぱく質であることから体にはまったくの無害になり、こうしたアミノ酸系シャンプーの中でも無添加の商品として特に人気が高いラフィーシャンプーが一番のオススメになります。